« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/24

絶不調の3月(涙)

今月の初めにひいた風邪がかなり長引き、未だ耳鼻科通いの日々です。
治りかけにちょいとお出かけしたのが悪かったのか、そこから悪化。鼻がかなり詰まって耳に影響が出ました。
やっと耳もよくなってきたんだけど、今朝起きたら目の辺りが痛い・・・何故????
顔を洗って目薬差して、お化粧を始めたけどどうもおかしいの。
涙が流れるって程ではないんだけど、目じりのところに涙がにじむ。
お化粧が終わる頃には、そのにじみがなくなってきたんだけど、かなりウルウル目。
これが目のあたりの違和感がなかったら、かなりいい感じのウルウル目だったりして(爆)
朝、ソッコー会社近くの眼科に行って診てもらいました。
かなりのおばあちゃん先生でちょい大丈夫?なんて思ったりもしましたが・・・(苦笑)
どうやらアレルギー性結膜炎らしい。
あまり気にしてはなかったんだけど、以前から、かなり充血する事はあって目がゴロゴロする感じはあったけど痒みや痛みはなかったから市販の目薬で対応してたけど、どうやらそれもアレルギーの一種だったみたい。
今回みたいに症状が重くなかったかだけって事ね。

風邪に始まって、結膜炎に終わる3月ね(とほほ・・・)
この週末は久しぶりにネット友達に会いに行こうと予定を立ててたのに、風邪と結膜炎のおかげでドタキャンになってしまいました。
かなり楽しみにしてただけにかなりかっがり。
今週末もまたお家でおとなしくしてなくちゃね~~~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/14

CD-SE7EN & gavy nj

Cdseven







SE7ENの日本盤のファーストアルバムを買ってみました。
日本語の発音は今までのシングル盤と同様まったく違和感なしです。
聞きやすい曲を集めた無難な仕上がってるなって感じかなぁ~。
韓国で歌ってるような迫力のある曲を期待した私としては今ひつって感があるけど、J-POPらしいアルバムと言えるからその点ではOKなのかも・・・。
1曲目と2曲目のアップテンポの曲ががお気に入りです。
特典映像として去年の日本でのライブ映像のDVDが付いてるんだけど・・・まだ見てないので感想が書けません(爆)
韓国では3集(3枚目のアルバムって事です)が同じ日に発売になっててこれも気になってるんだけど、近いうちにKNTVで流れるだろうから、それがよければ考える事にします。
Cdgavynj
SE7ENよりもgavy njと言う女性2人グループがかなり気になって今お取り寄せ中です。
先週初めてMVではなく歌ってる姿を見たんだけど、歌ってる曲調といい、歌ってるスタイル&並び方といい女性版 SG Wanna BE って感じねって思って、ネットで調べてみたらSG Wanna BEのアルバムに参加した作曲家が彼女たちのアルバムにも参加してるとの事・・・似てるはずだわ(笑)
近いうちに入手できるので、期待通りか・・・、がっかりか・・・聴くのが楽しみです♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/03/08

風邪

先週後半に会社の人が風邪を引いてかなり激しくセキをしてたのでいやだなぁって思ってたら、その風邪をもらっちゃったみたいです。
その人はいつも風邪を引いてもマスクをしないんだよね~。
あれだけ激しいセキをしてるんだから少しは回りの人に気を使って欲しいものです(激怒)
昨日の午後くらいからな~~~んかヘン。喉が痛いって訳じゃないんだけど、セキが少し出る。
酷くなる前にいつもの耳鼻科に・・・。
診断の結果は思った通り風邪。先生によるとこの風邪は熱は出ないけど、症状が出始めて4日目位から激しいセキが出て、話すのも苦しくなるらしい。
私の場合、昨日からなので週末前がヤマだよね・・・。
早く診てもらったので、そこまでにはならないだろうとの事(ほっ!)
金曜にもう一度診断してもらって、その時にセキが激しいようなら咳止めを処方してくれるらしい。
セキが酷くなってもならなくても1週間で治るらしい・・・本当かなぁ?
早く治さなくっちゃ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/06

新人さん

やっと業務を担当する新人さんが決まりました。
先週から来てもらってるけど、今度はなんとか頑張ってくれそう。
性格も明るく、みんなとも溶け込んでるみたいだし、必須の中国語もペラペラだしね~。
最初から細かいところを気にする傾向はあるけど、それは仕事を頑張って覚えようって気持ちからって言うのが伝わってくるからOKっしょ♪
私が担当してる通関業務を彼女に渡すまでにはまだ時間が掛かりそうだけど、この調子で頑張って欲しいなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »